• お気軽にご来院・ご相談ください。
  • FAX:0940-33-3614
  • 福岡県宗像市須恵1丁目16-19

聴診器

choushinki

MENU

月報 「聴診器」 2009/01

月報 「聴診器」 2009/01/01

 

明けましておめでとうございます。毎年、お正月を過ぎると、体重が増加したり血圧が上がったりする人が多くなります。お餅やご馳走の食べすぎですね。僕もよく食べました。お互いに節制を心がけましょうね。

 

10 脂質異常症①  脂質代謝

今回からは脂質異常症について説明していきます。脂質異常症とは聞きなれない名前だと思いますが、もともとは「高脂血症」と呼ばれていました。平成19年の動脈硬化疾患予防ガイドラインから脂質異常症と呼ばれるようになっています。まぁ、「コレステロールが高い」とか「中性脂肪が高い」とかいうやつですね。脂質異常症には高LDLコレステロール血症、高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症が含まれます。

コレステロールや中性脂肪は食事から摂取されますが、体内でも合成されます。体内での合成は主に肝臓で行われます。合成された、もしくは食事から吸収された中性脂肪やコレステロールは血液を介して全身に運ばれます。もともとコレステロールは体にとって大切なもので、細胞の構造部品になったり、ホルモンの原料になったりします。中性脂肪はエネルギー源として活用されます。ただし、コレステロールや中性脂肪が多すぎると動脈硬化が進み様々な病気を引き起こします。

健康診断などでは総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪などを測定します。ここで出てくる、HDLやLDLは、高密度リポ蛋白(high Density Lipoprotein: HDL)と低密度リポ蛋白(Low Density Lipoprotein: LDL)の略です。コレステロールや中性脂肪は、つまるところ脂ですので水や血液には溶けません。そこで、リポ蛋白を乗り物として輸送されています。この、リポ蛋白に何種類かあってそれぞれに役目があり、その中の一つカイロミクロンは腸管で吸収された中性脂肪を肝臓まで運ぶ役目をしています。LDL は肝臓で合成されたコレステロールを末梢に運ぶ役目をしています。このため、血管にコレステロールをためこみ、動脈硬化を促進させる原因となります。LDLがコレステロールと合体した状態をLDLコレステロールと表現し、LDLの役目をふまえて「悪玉コレステロール」と俗に呼んでいるのです。逆にHDLは末梢から肝臓までコレステロールを運ぶ役目をしています。このため、血管からコレステロールを引き上げ、動脈硬化にたいして抑制的に働きます。HDLがコレステロールと合体した状態をHDLコレステロールと表現し、リポ蛋白の役目を考えて「善玉コレステロール」と呼ばれます。コレステロール自体はHDLコレステロールもLDLコレステロールも同じもので、コレステロールそのものに悪玉や善玉の区別はありません。総コレステロールは、コレステロールの総量です。総コレステロールの中にはHDLコレステロール、LDLコレステロールが含まれ、中性脂肪の値も影響します。最近は総コレステロール値は重視されず参考程度です。

 

上野循環器科・内科医院  上野一弘

Scroll Up