• お気軽にご来院・ご相談ください。
  • FAX:0940-33-3614
  • 福岡県宗像市須恵1丁目16-19
発熱や風邪症状のある方は、来院前に電話でご連絡をお願いします。

ブログ

blog

MENU
  • 新型コロナウイルス検査を始めました。

    梅雨真っ只中ですが、晴れた日は真夏のように厳しい暑さとなっていますね。

    気温が上がり始めたこの時期、熱中症にもなりやすく、体調管理が難しいと思います。

    大雨による災害も心配されますね。

    一方、新型コロナウイルス感染症は九州では比較的落ち着いた状態を維持しています。

    県外への移動制限がなくなったり、各種店舗の営業時間が戻ったりと、マスク着用やソーシャルディスタンスの確保など、新しい生活様式を取り入れながらも少し日常が戻ってきていますね。

    とはいえ、ウイルス自体はなくなったわけではありません。今後しばらくしたら完全になくなるものでもありません。

    そこで、当院では新型コロナウイルスに対する検査を導入しました。

    新型コロナウイルスの検査には、流行初期からテレビでも頻繁に聞かれているPCR検査の他に、抗原検査と抗体検査があります。

    当院でできる検査の種類は、抗原検査と抗体検査です。PCR検査はできません。

     

    「抗原検査」と「抗体検査」とは何が違うがご存じでしょうか?

     

    「抗原」とは病原体であるウイルスや細菌そのもののことです。

    「抗原検査」は、細菌やウイルスに感染しているかどうかを調べる検査です。

    インフルエンザが疑われるときに行う検査は、この「抗原検査」です。

    また、細菌やウイルスに感染すると、人の体内ではそれらを体から除去するための分子(免疫グロブリンというタンパク質)を作ります。細菌やウイルスと戦う兵隊ですね。

    これを「抗体」といいます。

    血液中にこの「抗体」があるかを調べるのが「抗体検査」です。

     

    つまり、

    ・抗原検査・・・今感染しているかどうかを調べる(鼻または喉の粘液を綿棒で取ってきて検査)

    ・抗体検査・・・過去に感染したことがあるかどうかを調べる(血液検査)

    ということです。

     

    当院でもこの抗体検査と抗原検査が行えるようになりましたが、抗原検査は医師が必要と判断した場合に限ります。

    また、感染症指定医療機関での抗原検査は行政検査となるため、検査費用に自己負担はありませんが、当院は指定医療機関ではありませんので、医療保険適用となります。そのため、通常の診療・検査と同等の自己負担が生じます。

    抗原検査はPCR検査に比べ、正確性に劣るといわれていました。そのため、抗原検査で陰性でも、PCR検査による再検査が必要とされていました。しかし現在では、発症して数日の期間に限ってはPCR検査とほとんど誤差はないことが検証され、抗原検査で陰性だった場合、陰性と確定診断できることとなりました。

    一方、抗体検査は精度が不確かな面があるため、感染歴があったとしても、陰性と出ることもあります。また、陽性だったからといっても、今後感染しないと保証できるものでもありません。もちろん、今感染しているのかが分かる検査でもありません。自費での検査となり、8000円ご負担をいただきます。

    以上のことをご了承いただいたうえで、当院では抗原検査、抗体検査を受け付けています。

    ご希望の方はまずは電話でご相談ください。

    まだまだ長い戦いが続きますが、ウイルスとうまく付き合いながら、できることを楽しんで前向きに過ごしていきたいですね。

     

    検査について詳しく知りたい方は、以下のHPを参照してください。

    厚生労働省HP>>>こちら

    日本感染症学会HP>>こちら

       上野循環器科内科医院 看護師 中島

     

     

     

     

     

  • たくさんのご寄付をいただきました。

    新型コロナウイルス感染症の拡大で、医療物資の不足は社会的に問題になっています。

    感染が落ち着き始めた今も、以前のように簡単には手に入りにくい状態が続いており、さらに今後の第二波・第三波に向けても、備蓄が必要になってくると思われます。

    そんな中、とてもありがたいことに、当院に様々なところからマスクやフェイスシールドの寄付をいただきました。(画像は頂いたものの一部です)

    フェイスシールドは、トヨタ自動車九州、福津市八波の自動車工場DEVICE様より頂きました。

    さすが、物づくりのプロフェッショナルの方々です!作りがしっかりしていて機能性が抜群です!

    DEVICE様は、フェイスシールドドーネーションジャパンという、医療現場で不足しているフェイスシールドを作成し、寄贈する活動をしている団体に加入しているそうです。

     

    DEVICE様 ホームページはこちら>>  Facebookページはこちら>>

    フェイスシールドドネイションジャパン様 ホームページはこちら>>

     

    この社会状況で本業の方も苦しい状況であろう中、このような活動をされていらっしゃることには頭が下がります。

    受診に来られた患者さまも、励ましの声をかけてくださる方がたくさんいらっしゃいます。

    皆様のご支援に支えられて、私たちは毎日医療を提供していくことができます。

    本当にありがとうございます!!!

     

    まだ終わりの見えない未知のウイルスとの戦いですが、一緒に頑張っていきましょう。

     

    上野循環器科内科医院 看護師 中島

     

     

     

  • 心臓リハビリテーション再開に向けて準備中です!

    型コロナウイルス感染者数は減少傾向となり、先日39の都府県で緊急事態宣言が解除となりました。

    多くの地域で学校も再開となり、飲食店や公共施設も徐々に営業を始めるところも出てきました。

    当院の心臓リハビリテーションも3月から閉鎖していましたが、心臓病をお持ちの方にとって、運動療法は大事な治療のひとつです。

    そこで、感染拡大も落ち着いてきた今、当施設はリハビリ再開に向けて準備を始めました。

    今までと同じように行うことは難しいですが、感染予防を徹底しながら、運動を行えるよう環境を整えています。

    今回も、院長はじめ、スタッフの知恵と技術の総力を決してのDIYです!

    力自慢のスタッフが大活躍し、たった1日で仕上げました!

     

    このまま、感染が再び爆発的に広がることがなく、小規模ながらもみなさんと一緒にリハビリが再開できる日を祈るように待っている私たちです。

    上野循環器科内科医院 看護師 中島

  • おすすめ動画

    新型コロナウイルスについてインターネットで検索していると、たくさんの情報が出てきますね。

    テレビ報道も、不安をあおるだけの情報を次々と流す情報番組が多いです。

    その中には、正しい情報もあれば、間違った情報も混在していて、何を信じていいか分からなくなりますね。

    自宅にいる時間が長いからこそ、テレビを見る時間も増えてしまい、不安ばかりが募っている方も多いと思います。

    そんな方に、当院おすすめの動画をご紹介します。

    「ウイルスの次にやってくるもの」という、日本赤十字社が配信しているYouTube動画です。

    (画像をクリックすると視聴できます。)

    コロナ疲れという言葉も聞かれるようなこの状況の中、少し気持ちを切り替えるきっかけになれば幸いです。

     

     

    上野循環器科内科医院   看護師 中島

     

  • 当院の新型コロナウイルス感染対策について②

    ゴールデンウイークを目前にして暖かい日が増え、季節は初夏に移ろうとしていますね。

    緊急事態宣言が発令されてから3週間、感染が市中に広がり始めてからは、もうすぐ2カ月が経とうとしています。

    福岡県内では少し減少している印象も受けますが、まだまだ油断はできません。

    宗像市でも少しずつ感染症例が出ており、当院も日に日に感染対策についての厳重さを増してきています。

    当院では、外にプレハブの小屋を作りました。

    発熱・風邪症状のある方はこちらで診察させていただいています。

    風邪症状のある方で受診をお考えの方は、まず電話をしてもらい、診察が必要との判断になったら、11時~12時、または15~17時の時間にこちらの部屋で対応しています。

    内部はこんな感じになっています。

     

    院内の設備も養生シートで覆ったり、採血後の止血バンドも使い捨てになりました。

    今までは感染対策としては使い捨てが当たり前でしたが、現状ではそれが叶わず、洗って繰り返し使用可能な布製品が着目されてきています。

    しかし、最近ではガウンや帽子は布製ですらも品薄になってきている状況なので、代用品やアイデア勝負の手作りで感染予防をするしかありません。

    当院でも、手に入るものでスタッフのアイデアと技術を集結させて、なんとか、今できる感染対策を日々模索しています!

    受付の仕切りのアクリル板や、感染対応室のボードはDIYの得意な院長の手作りです!

    マスクやフェイスシールドはスタッフが手作りしました。

    特に、フェイスシールドの完成度には自信があります!着け心地も快適です。

    医療機関の方やスーパーのレジなどされている方でフェイスシールドが必要な方は、こちらを参考に作ってみてください。

    この状況になって、スタッフの意外な特技が発揮されてきました。

    みんなで力を合わせると、出来ないと思っていたことも可能になり、まだがんばれると勇気をもらえます。

     

    みなさんも、いつか今まで通りの生活が戻ることを心待ちにしながら、今の困難な状況を工夫してうまく乗り切っていきましょう!

     

    上野循環器科内科医院 看護師 中島

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 当院の新型肺炎への感染対策について

    連日、新型コロナウイルスの報道が続いています。

    世間ではマスクも手に入らないどころか、トイレットペーパーまで品切れになるという事態になっていますね。情報化社会の現代において、正しい情報を正しく理解し、正しく怖がることはとても難しいですね。

    院長の3月の月報「聴診器」にもありましたように、当院は循環器内科クリニックであり、来院される患者様は心疾患を持った高齢患者様が多いクリニックです。いわゆる、重症化するリスクの高い患者様が毎日多く来院されます。

    そこで、当院では、市中感染の可能性が出てきた当初より、大げさなくらいの新型コロナウイルスへの感染対策を行っています。

    具体的には以下のようなことです。

    ・診察では一人の患者様の診察終了ごとにスタッフは手指の消毒を行います。

    ・診察室内の椅子やドアノブ、診察器具を患者様が入れ替わるごとに消毒します。

    ・スタッフはマスクとゴーグルを着用して対応します。さらに、受付スタッフは、患者様との会話の頻度が高いことから、キャップも装着します。

    ・感冒症状(咳・くしゃみ・鼻水・嘔吐・下痢など)のある患者様には待合室内の、仕切られた別の空間でお待ちいただいています。

    ・感冒症状のある患者様の診察時には、窓を開けて換気を行いながら診察します。

    ・ウイルスを媒介する恐れがあるので、待合室の新聞や雑誌を撤去しました。

    ・心臓リハビリテーションをしばらくの間、中止することにしました。

     

    さらに、発熱のある患者様へのは次のような対応をしています。

    ・車で来院された方は、車内から電話で受付をしていただき、車内で待機していただきます。

    車以外で来院された方は、病院へ入る前にインターホンを押してもらい、別室へ案内させていただきます。

    ・看護師が電話で問診を行い、別室へご案内します。そのまま別室で医師の診察や検査を受けていただきます。

    ・医師や看護師は、防護服・ゴーグル・キャップを着用の上、診察や検査を行います。

    ・お会計や薬の受け取りも別室に入ったまま行います。

    通常の診療時間内に発熱のある患者様も、このような体制で診察しています。防護服の着脱や手指の消毒にもそれなりに時間を要しますので、他の患者様の待ち時間が長くなることがあります。

    また、コロナウイルス感染者として疑われることを快く思わない方もいらっしゃるかと思いますが、当院の特性上、患者様を守るために致し方のないことなので、ご理解いただければと思います。

    少しでも、感染を広げないようにするために、患者の皆様にお願いしたいことがあります。

    1、咳やくしゃみ、喉の痛みなどの感冒症状があっても、症状の軽い方は、出来るだけ自宅で様子を見てください。

      風邪に予防薬や治療薬もありません。念のための受診は控えてください。

       厚生労働省が示している受診の目安は以下の通りです。

       ☆風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く時(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)

       ☆ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある時

       ☆ 高齢者 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、 

         免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 は、上記のような症状が2日以上続く時

    2、感冒症状のある方は、常にマスクを着用してください。

    3、手洗いはこまめに、丁寧に行ってください。

    4、指で鼻を触ったり、すすったりしないでください。目をこすったりするのもやめましょう。

      お金や紙を数えるとき・紙をめくるとき、唾をつけないでください。

    5、咳エチケットを徹底しましょう。マスクを着用していない状態で咳やくしゃみが出てしまう時は、手で覆わずに、腕やハンカチで押さえてください。

     

    コロナウイルスはもちろんですが、このような感染対策は、一般的な風邪やインフルエンザ、他の普通の肺炎の予防にもつながります。これをいい機会と考え、感染予防の知識と技術を身に着けたいですね。

    上野循環器科内科医院 看護師

  • 心臓リハビリテーション学会第5回九州支部会

    10月19-20日に長崎で心リハ学会九州地方会が開催されました。当院からは僕と看護師さんが発表演題に選ばれました。発表は19日でしたので、診療を11時で終了させていただき、車で急いで向かいました。途中で渋滞があり、間に合うかどうかひやひやしましたが、何とか滑り込みセーフでした。自分たちの発表はスムーズに終わり、他の施設の報告などを聞きましたが、とても勉強になりました。個人的には、帝京大学の池田先生の「行政を説得するの大変」との言葉が身に沁みました。

    当院は、地方会での演題発表は第1回から5回連続の皆勤賞です。特に今回は看護師さんの発表は説得力があり、大学病院の発表よりも優れていると思いました。最近は、学会での発表を目にした方から声をかけらることも多くなりました。学術的な活動で得られた知見を現場にも応用できるよう頑張ります。

    発表スライドはこちら>>

    看護師の発表スライドはこちら>>

  • 心リハ室の見学に来られました

    時々、当院の心リハ施設を見学したいとのご連絡をいただきます。8月はなぜか見学の希望が多く、三施設から連絡がありました。福岡県だけでなく山口県や熊本県からも来院していただきました。光栄なことですね。僕たちも、心リハ施設を開設する前に多くの施設を見学しに行き、いろいろ教えていただきました。

    今度は、僕たちが恩返しをする番です。見学だけでなく経験やノウハウも伝えようと思っています。宗像地域だけでなく、いろいろな場所でリハビリが受けられるようになればいいなと思っています。

    写真は、大牟田のたちばなクリニックの山下先生です。

     

  • 臨床研究について

    当院でおこなう臨床研究について、日本医師会倫理審査委員会から承諾を頂きました(承認番号30-13)。

    心不全の予後は運動耐容能と密接に関係しています。一方、右心室の機能も心不全の予後と関連しています。しかし、右心室機能と運動耐容能との関連ついてはあまりよくわかっていません。このため、心エコーで得られる右心室機能と運動負荷試験の結果を比較して検討することとしました。

    検査データの利用につきましてはオプトアウト様式を採用しています。ぜひ、ご一読ください。

  • 心臓リハビリテーション学会九州支部会

    10月28日に天神九電ホールで心臓リハビリテーション九州支部会が行われました。九州支部会は今年で4回目ですが、当院は第一回から演題発表を続けています。今回も僕(上野)と看護師さんで発表を行ってきました。

    僕の演題はSGLT2阻害薬と運動耐容能との関連についてです。ある種の糖尿病薬は運動能力を維持する効果があるのではないかという内容です。ある先生からは「いつも独自で面白いね」と褒められ(?)ました。看護師さんはマンパワー不足を地域連携で乗り切ろうという内容で、会場でも好評でした。

    学会への参加は労力や時間をとられるものですが、必ず得られるものがあります。当院の医療レベルを向上させるためにも続けていきたいですね。

    発表スライドはこちら>>

Scroll Up